蜂被害を未然に防ぐには|日本で良く見かけるアシナガバチの巣は発見後すぐに駆除しよう

日本で良く見かけるアシナガバチの巣は発見後すぐに駆除しよう

蜂被害を未然に防ぐには

蜂の巣

毒を持つ危険性

アシナガバチはスズメバチと同様に毒を持ち、人を刺す危険性があります。スズメナチとは違って小型で細身の体が特徴となり、何より足の長さが目立ちます。実はスズメバチが持つ毒の強力さには劣りますが、刺されると痛みが強いと言われています。毒の猛威はアナフィラキシーショックによって死亡する例もあることから、アシナガバチや巣に近づかないようにしなければいけません。アシナガバチは暑い時期になると巣作りを開始するようになり、最近は家の軒下やベランダなどに巣を作る行為が増えてきました。暑い時期に家周辺で蜂を頻繁に見かけるようになったら、巣作りを疑っておいた方がいいでしょう。毒を持つ蜂であれば、安全面を考えて駆除をする必要もあり、プロが代わって駆除一式を行ってくれるサービスもあります。アシナガバチかどうか判断が難しい場合でも、相談をすれば現場で視察してくれる場合もあります。

適切な処置

アシナガバチは普段はおとなしい性質を持ちますが、巣作りを開始すると攻撃性が増してきます。そのため、巣を見つけてもむやみに近づいたり、知識がないまま駆除をしようとするのは大変危険です。巣を守ろうとして人を刺す行為に出る可能性もあるため、巣を発見したら冷静に行動する必要があります。アシナガバチを駆除するには、アシナガバチが巣に帰る時間帯に合わせて殺虫剤をふきかけ、それを丸ごと処分していくことです。駆除を行う業者ではこのような作業をスムーズに行い、何より安全面に徹して行うため安心感が違います。これを一般の人が完璧に行うとなると、なかなか上手くはいきません。巣を発見したら、その場で危険行為に及ぶことなく、プロにお任せする方法が賢明です。