必ず専門の業者に依頼|日本で良く見かけるアシナガバチの巣は発見後すぐに駆除しよう

日本で良く見かけるアシナガバチの巣は発見後すぐに駆除しよう

必ず専門の業者に依頼

悩む女性

危険度マックスの昆虫

ハチの中でもスズメバチと聞くと誰もが危険というイメージを持つのではないでしょうか。国内には8種類のスズメバチが存在しており、中でももっとも危険な存在が日本固有のオオスズメバチです。毒の強さもさることながら蜂毒が持つアナフィラキシーショックは命にも関わりますので、巣などを発見した場合は速やかに自治体や専門の業者に相談するようにしましょう。素人がスズメバチ駆除を行うといたずらにハチを刺激してしまい、さらなる被害が起きてしまうこともあります。オオスズメバチは攻撃性が高いことでも知られており、本人だけではなく周辺の人間なども攻撃対象になってしまうこともあるのです。オオスズメバチ駆除は必ず専門家の立ち会いのもとで行うことをお勧めします。

素人には見分けが付かない

オオスズメバチといっても都会に暮らしている人の中には見たことがない方も少なくないでしょう。実際、スズメバチは割りと外観が似ている種類が多く、田舎に住んでいても種類を特定するのは難しいものもあります。スズメバチ駆除でよく間違われるハチにアシナガバチがいます。外見はスズメバチのように縞模様があり大きさもそこそこありますが、とても大人しいハチとして知られています。スズメバチ駆除を行っている地方自治体の中でも、アシナガバチは対象から外しているところも少なくなく、それだけ安全なハチとも言えるのです。とは言っても、素人には見分けも付きづらいですし、ハチである以上怖いと感じる方も少なくないはずです。そのようなケースでは専門の害虫駆除業者に依頼すれば同じように駆除してもらうことが可能です。